教えて掲示板

長い腰痛が治りません

2015/02/02(月) 19:40

長い腰痛が治りません

かれこれ5年以上腰痛を患っています。
レントゲン、CTでは、
「椎間板ヘルニア」と診断されました。

現在では、長時間同じ姿勢(立っていても座っていても)だと、腰が痛くてたまりません。

俗に言われているヘルニアの痛さ「立っていられない」「寝ていても激痛が走る」という訳ではないので、手術も受けさせてもらえない状況です。

今まで、コルセットをしたり、マッサージを受けたりしてごまかしてきましたが、やはり痛くなる事が多々あります。
専門家の意見として普段何をしていいか、解決方法はありますか?

宜しくお願いします。
K.S
岡山県
30代前半
腰痛

この質問は締め切られました。
ご回答いただいた専門家の皆さま、
ありがとうございました。

回答一覧

avator1

宮崎県日南市 こうちゃん整体院 2013/06/17(月) 15:57
 

K.Sさん、はじめまして。
宮崎で整体院を営んでいる吉本幸司と申します。

椎間板ヘルニアの痛みで悩んでいらっしゃるのですね。
僕のお客様にも同じ症状で悩んでいらっしゃる方がいます。

病院に行っても、シップ薬と電気をかけるだけ。
痛みが日々強くなっていると言われます。

椎間板ヘルニアの痛みの解消法のご提案ではありません。
あくまでお客様からの体験で聞いたということを、
ご了承ください。

手術はしないほうがよいと思います。
手術して、1~3年は痛みのない状態がありますが、
ほとんどの場合、再発しています。

逆に、手術して悪化したというお話もよく聞きます。


椎間板ヘルニアの手術は、非常にリスクが高いようです。
手術の選択肢だけは外した方が良い、ことをご提案します。


治療法のご提案ができなくて、申し訳ございません。

評価:9件
 
avator1

ひまわり整体院 2014/02/15(土) 13:44
 

ひまわり整体院の安田と申します。
私も手術をしない方が良いという意見に賛成です。
飛び出た髄核は、貪食細胞が食べてくれるので、その間保存療法(温めたり、緊張を緩和させる施術を受けたり)を受けていると改善する事例もあります。実際、ヘルニアは近年MRIにて経過観察されたところ放置しておいても無くなる、若しくは縮小するなどのケースが見られたそうです(3~4ヵ月で約60%の人が痛みが治まったという事例)。また、手術を受けた方と受けなかった方の経過を比較したところ、1年後⇒手術を受けた方が良好、4年後⇒ほぼ差がなくなったという結果が見られたそうです。もちろん例外もあるとのことですが、数年の間に自然軽快すると言う見方も存在します。
ただ、マッサージ・温熱療法などは疲労物質を軽減させることはできても、根治までは難しいので最低週一で通う必要があるかもしれません。
本当は、ヘルニアが痛みの主原因ではないことも分かってきているので、骨格や筋膜・脊髄液を調整できるところで、一度診て頂いた方がよろしいと思います。、

評価:7件
 
avator1

カイロプラクティックとどろき整体院 2015/02/02(月) 19:22
 

回答投稿後、一部の修正しました。
下記の回答の通りです!!
パスワード変更の関係で2つとなり、失礼しました。
 
               NPO法人JMT
               カイロプラクティックとどろき整体院
                      竹本 豊  

評価:2件
 
avator1

カイロプラクティックとどろき整体院 2015/02/02(月) 19:40
 

初めまして、拝見しました。

ヘルニアや腰痛は、
生活習慣(カフェイン・たばこ・アルコールなど)や過剰ストレスから起きます。大切な微量の機能栄養素を減らしたり、不足したりするのが、原因です。

そのような栄養素不足は、交感神経を一方的に緊張させ、アドレナリンの過剰作用で血管を細くし血めぐりが悪くなるのが、腰痛・ヘルニア・肩凝りなど含め、不調・病気の原因です。
また、顆粒球の増加により、内臓の病気や免疫の低下など起きてきます。

このような今の現状の身体では、炎症・硬化・浮腫み・代謝異常・見えない怪我、歪み(猫背・側弯症・骨盤のジャフビー線の傾斜など)などが起きてきます。
心身では、不安・緊張・恐怖・敵対感・不安定など起きてきます。

毎日の代謝での成人男子では、1500gの細胞(約1.5兆個)の細胞が生まれ変わり、生命が維持されています。
腰痛・ヘルニアは、ブレーカーが作動しているということです。
最初に来るところ、しわよせのくる始まりの大きな筋肉であり、要の筋肉大腰筋です。筋肉(大腰筋など)が硬縮し圧迫され、椎間板がヘルニア(=飛び出る)などになります。悪い体質と云えると思います。

総合的な過剰ストレスへの栄養素不足が、お悩みの原因です。
腰痛やヘルニアの改善には、3食の充実と食後のサプリメント(補助食品)の必須系ビタミン・ミネラルなどが多目に一定期間必要です。
的確なアプローチで、1~3ヶ月ほどで完全に癒えるはずです。
機能栄養素不足などからきた、体質と考えたら分り易い印象です。
違和感・痛みなど1週間程度で収まるのが普通です。
機能栄養素の個々人のいろいろな状態に対し、十分な摂り方が大切です。
跳ね上がって枯渇するいろいろな機能栄養素を摂ることで、早く改善していきます。

手術は、ほとんど必要ないという現状があります。
手術を知識の差の中で、進める場合、セカンドオピニオンやインフォームドコンセントなど重要です。騙されないことが大切です。

また、ロキソニンなどの痛み止めなど含め、お薬は治すものではありません。対症療法(その場しのぎ)に過ぎなせんし、恐ろしい副作用があります。多くの手術が再発やさらにより悪化も多くあります。

当院のHPやそのリンクなど参考されてください。
「治癒1番ネットとどろき院」では、ネットから詳細な早期改善への対応が出来ます。ぜひ、ご利用ください。


               NPO法人JMT
               カイロプラクティックとどろき整体院
                       竹本 豊
 

評価:4件