教えて掲示板

ヘルニアの再発??

2015/02/05(木) 19:25

ヘルニアの再発??

妻が4月の終わりに腰椎のヘルニアの手術をしました。

術後の経過は良好だったのですが、最近になってまた坐骨神経痛が出てきたと言っています。

昨日病院でレントゲンをとってもらったところ、ヘルニアは再発していないと言われたそうです。

坐骨神経痛だけ再発することはあるのでしょうか?

今のところ足がしびれたりすることはないそうなんですが、左の腰の下の方(たぶん骨盤?のあたり)とおしりが痛いようです。

手術前があまりにつらそうだったので心配で投稿しました。

是非ご教授ください。
山下
神奈川県
40代前半
腰痛

この質問は締め切られました。
ご回答いただいた専門家の皆さま、
ありがとうございました。

回答一覧

avator1

花田治療院 2015/02/05(木) 09:50
 

東京 花田治療院の花田です。

座骨神経痛だけでも出ることがあります。
内臓的問題や腰に痛みが無く、お尻の辺りに痛みがあるならば
「梨状筋症候群」と言うのが考えられます。
神経痛が出ている側の足を上にして足を組んでみてください
そのときに、痛み、しびれ、足への違和感が強くなったり
上記の事で足が組めない等があればほぼ間違えないと思います
この場合、臀部への鍼治療が効果的です。

評価:5件
 
avator1

コンディショニングラボ南口駅前接骨院 2015/02/05(木) 10:19
 

坐骨神経痛は坐骨神経に支配されている領域の神経症状の総称です。よって坐骨神経痛だけ出ることはあります。
現在坐骨神経痛=ヘルニアという訳ではなく、ヘルニアが神経を圧迫し坐骨神経痛が現れるとなっており、その坐骨神経痛がどこが原因なのかを考えた方がいいかと思います。女性では梨状筋による圧迫も多いですよ。

評価:5件
 
avator1

楽水庵 2015/02/05(木) 10:41
 

山下様、こんにちは。

ヘルニアの手術の予後が順調だったのなら、ヘルニアの再発というよりはただの坐骨神経痛、もしくは梨状筋症候群と呼ばれる症状の可能性もあります。

そして、臀部や下肢の痺れは必ずヘルニアから起こるものばかりではなく、梨状筋と呼ばれる臀部のインナーマッスル等の筋機能低下から起こる場合の方が多いのです。

薬よりも筋機能の調整をしてくれるところで診てもらった方が良いと思います。
万が一軽度のヘルニアであったりしても、手術をしなくてもテーピング等で大幅に改善できるものですよ。

評価:5件
 
avator1

Dr.すー 2015/02/05(木) 11:54
 

ヘルニアの手術後に調子良くても後で症状がまた出てくるケースはありますが、手術前に左臀部が痛んでいなければ考えにくいです。
ご自分で左側梨状筋を和らげる方法として仰向けになり左足首上あたりを右膝上に乗せクロスさせ手前胸元に引き寄せます。筋肉を伸ばすストレッチですので息を吐きながらゆっくり伸ばすと効果的です。但し、痛みの出てないときに痛くならない程度に行います。腰に負担を感じるようなら止めてください。

評価:4件
 
avator1

谷中名倉 岡田接骨院 2015/02/05(木) 15:39
 

山下様
ヘルニアの術後の痛みは少なくありません
筋肉・軟部組織によって馬尾神経が圧迫されているものと思われます。
牽引・通電・手技等でも加療をされる事がいいと思います。

お大事になさるよう御伝え下さいませ。

評価:4件
 
avator1

しろやま堂城山接骨院 2015/02/05(木) 16:48
 

以前にヘルニアで手術をして、左臀部周辺に痛みがでて、レントゲンでヘルニアの再発でないと言われたのでしたら、間違いないと思います、左臀部に神経痛用の症状が出た場合は、重心が左足にかかりすぎているのが原因ですので、ヘルニアの手術をした時点では、右足にしびれや痛みがあったのではないでしょうか? 右足に辛い症状があった場合には、循環器や呼吸器系の症状も一緒にあったはずです、ヘルニアの手術をしても、身体の使い方「重心変位」があると、また同様の種々の痛みや凝りが出てしまいますので、しっかりと重心から身体を治す事も大切になります、食欲があり、喘息や心臓の症状があったり、風邪を引きやい症状があるのでしたら、右足に体重が掛かる練習をするだけで、左骨盤「臀部」痛は改善してきますよ、やり方は、お臍をいつも右前方に向けて生活をする事、そして立った時に右足を左足より後方に引く「2~3センチ程度」形で、簡単な膝の屈伸をする「貧乏ゆすりみたいに」と徐々に左臀部の痛みや循環器や呼吸器系の症状も改善してきます、いっしょに食欲も落ちてきますので、一石二鳥だと思います、頑張ってくださいね

評価:4件
 
avator1

ひまわり整体院 2015/02/05(木) 18:16
 

術後における不定愁訴の数は、かなりの数にのぼると思われます。特に、腰部の手術においては、顕著です。それは、腰痛そのもの原因が、ヘルニアだけではなく、骨盤・股関節の歪みや筋膜障害そして内臓の不調と複合して起きている場合が多いからです。
整形外科医の多くは、椎間板に異常(ヘルニア)があれば、それを優先して手術を行おうとします。しかしながら、それらの専門家は、それら腕を磨く為にそれだけにしか興味を示さない医師が多く、手術後に痛みが出た時にその医師に訴えても、手術の失敗ではないことを主張して、だからどのようにしたら良いのかのアドバイスをしない方が多いのです。それは、手術自体が失敗したかもしれないことを、裁判で訴えられることを恐れているので、その手術が成功であることを主張して、そのあとはその患者に関わりたくないといことが多々あるからのようです。
 
もちろん、坐骨神経痛だけ再発することはありますよ。
しかし、それを整形外科医に相談しても無駄です。それは、手術適応外だからです。できれば、オステオパシー系の施術家を探して、骨盤・股関節・膝関節の歪みを調整して頂き、梨状筋・中殿筋を始めとする殿筋群をリリース(解放・調整)して頂いて下さい。すぐに改善できると思います。

ただ、手術によって皮膚にメスを入れてしまうと、神経・血液・リンパ・経絡の流れが滞りやすくなるので、月に一度は、オステオパシー的なお体のケアが必要であると思います。

評価:5件
 
avator1

横浜ホリスティック治療室 2015/02/05(木) 19:25
 

こんばんは。

腰椎ヘルニアだけで坐骨神経痛が起きている方の方が少ないです。

多くの坐骨神経津、腰痛、痺れなどの要因が、臀部、下腿(前後)、股関節の周辺部分の筋肉(腸骨筋)の過緊張又は筋力が弱った状態で起きています。

再発ではなく、元々これらの部分の問題があったのか、術後による金のアンバランスが起きているのか?

調べてみないとハッキリわかりませんが、筋肉に何らかの問題が起きていると考えられます。

ご参考になれと思います。

評価:5件